自動作図記事一覧

エクセルに入力された座標から、AutoCAD LTで作図する方法です。簡単な例で解説します。操作方法エクセル座標を、X座標、Y座標の形にします。座標が入力された上のセルに、PLINEを入力します。これらをコピーします。AutoCAD LTコマンドラインに貼り付けます。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無...

エクセルで作図する2回目です。今回は、寸法を可変できるようにします。寸法の入ってるセルを参照するように式を入れます。具体的な操作は、動画をご参照ください。動画 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メルマガ:AutoCAD LT 使い方倶楽部 メルマガ登録

今回は、前回2回をより実務で使えるように発展させます。寸法をリストから選んだり。選んだリストに連動して、他の寸法が設定されたりするようにします。長くなるので、2回に分けて解説します。詳しくは動画を御覧ください。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽...

前回(3回目)の続きです。エクセルでCAD作図3座標を端点の番号から取得する方法を解説しています。詳しくは動画をご覧ください。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メルマガ:AutoCAD LT 使い方倶楽部 メルマガ登録

エクセルで円弧のデータを作成して、AutoCAD LTで作図させてみます。PLINEコマンドとオプションの円弧を使います。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メルマガ:AutoCAD LT 使い方倶楽部 メルマガ登録

TOPへ