ダイナミックブロック

ダイナミックブロック記事一覧

ダイナミックブロックでストレッチの機能を使うと。伸ばしたり、縮めたりできます。ブロックの作成と、ブロックエディタのストレッチを使うとできます。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メルマガ:AutoCAD LT 使い方倶楽部 メルマガ登録

ダイナミックブロックの作り方の2回目です。今回は、表からパラメータを選択すると、寸法が連動して変わる方法です。ルックアップとういう機能を使います。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メルマガ:AutoCAD LT 使い方倶楽部 メルマガ登録

ダイナミックブロックの作り方で、色を変える方法です。線を、ByLayerにすると、プロパティで色を変更しても変わりません。ByBlockにすると変更できます。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メルマガ:AutoCAD LT 使い方倶楽部 メル...

ダイナミックブロックにパラメータという言葉がでてきます。以前にダイナミックブロックの作り方の動画をアップしましたが。パラメータという言葉に戸惑うかもしれません。パラメータとは。大雑把に言うと。ダイナミックブロックで変化させる寸法のことです。動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 A...

ブロックを、指定した画層に入れる設定があります。あらかじめ、ブロックをツールパレットに入れておきます。その後、ブロックのプロパティの中で設定できます。操作方法ツールパレットにあるブロックをクリックー右クリックメニューープロパティー一般 画層の右端にある 下三角をクリックー指定したい画層をクリックーOK動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決す...

ダイナミックブロックの可視性を使うと2つ以上の図形を切替えることができます。ダイナミックブロックのエディター内で。パラメータの可視性を選びます。可視性のボタンが表示されます。以下の操作は動画で解説しました.動画操作を動画にしましたので、ご参照ください。 ツイート◆AutoCAD LT の困りごとを解決する情報を発信しています。 登録は無料です。ご利用ください。 AutoCAD LT 使い方倶楽部メ...

TOPへ