縮尺を変えても文字の大きさが変わらない方法

レイアウトタブを使って、縮尺を変えて図面を作る時。
拡大(縮小)したとき、寸法値の文字高さが大きくなり過ぎ
(または小さくなり過ぎ)ることがあります。
こんなときに、文字の大きさを変えない方法です。
異尺度対応という機能を使います。
今回は、基本的な考え方、操作方法を解説します。

 

操作方法

文字高さを変えたくない寸法を選択
オブジェクトプロパティー
ー異尺度対応
ーはい
ー異尺度対応の尺度
ー追加
ー2:1(例)
ーOK
ーOK

 

レイアウトタブ
ービューポートの尺度を設定
 (例:2:1)

 

動画

操作を動画にしましたので、ご参照ください。

 

 

 

 

AutoCAD LT の情報を発信しています。
登録は無料です。ご利用ください。

 

 

 

TOPへ