エクセルのXY座標データから作図する方法

エクセルで座標データが入力済みとします。
このデータをAutoCAD LT で読み込んで作図する方法です。

 

Jw_cadでは座標ファイルコマンドがあって、
座標データを読み込んで線でつないでくれる機能があります。
AutoCAD LT では、そのようなコマンドはないのですが。
よく似たことはできます。

 

エクセルでの準備

座標を、
X、Y 
の形式で、各セルに入れます。
これは、X,Y座標が入力済みなら、
数式で作れます。

 

次に、先頭の行にPLINE を入力します。
このセルと座標のセルをコピーします。
操作は動画を参照ください。

 

AutoCAD LT での操作

作図ウィンドウ下にあるコマンドラインをクリックします。
ここに、先ほどコピーしたものを貼り付けます。

 

これで作図完了です。

 

動画

操作を動画にしましたのでご参照ください。

 


 

 

AutoCAD LT の情報を発信しています。
登録は無料です。ご利用ください。

 

TOPへ